創業明治三十八年 美術刀剣店 銀座 盛光堂

PRODUCT 刀 無銘 保昌
(附)黒漆刻鞘打刀拵

(公財)日本美術刀剣保存協会 第63回重要刀剣指定

刀 無銘 保昌
(附)黒漆刻鞘打刀拵

詳細

  • 刃長

    二尺四寸二分(73.4cm)

  • 反り

    五分(1.5cm)

  • 元幅

    九分四厘(2.85cm)

  • 先幅

    六分二厘(1.9cm)

刀 無銘 保昌
(附)黒漆刻鞘打刀拵

※価格等の詳細はお問い合わせください
(公財)日本美術刀剣保存協会 第63回重要刀剣指定

大和国の保昌派は現存する作品よって居住地が高市郡であることが知られ、鎌倉時代後期から南北朝期にかけて栄えており代表工として貞宗、貞吉、貞清、貞興、貞光らがおり、皆「貞」の字を通字として作風は地鉄が総柾鍛えとなり茎には桧垣鑢をかけるなど大和五派の中で最も特色が顕然としている。本作の地鉄は柾目肌、総体的に流れ心となり総じてよく練れてつみ、地沸微塵に厚くつき地景頻りに入り淡く沸映り立ち、刃文は直刃調に小丁子、小互の目が交じり、刃縁頻りにほつれ足、葉よく入り匂深く、沸厚くついて明るく冴え金筋、砂流し頻りにかかるなど地刃に保昌派の特色を顕現しており同作中の優品である。
附属の拵は江戸時代後期の作と見せられ品格があり鐔には東龍斎清寿門人である義寿在銘の鐔が付いている。

  • 銀座 盛光堂
    拡大する
  • 銀座 盛光堂
    拡大する
  • 銀座 盛光堂
    拡大する
  • 銀座 盛光堂
    拡大する
  • 銀座 盛光堂
    拡大する
  • 銀座 盛光堂
    拡大する