義胤は出羽国本荘の出身で、その生地を苗字としている。直胤の門人として鍛刀も行い、正秀や直胤の刀身に彫技を施した。
 本作は、義胤が得意としている鉄地に薄肉彫で見事に鍾馗を彫り上げてあり、義胤の技倆の高さがうかがえる優品である。