短刀(銘) 国光(新藤五)
(附)変り塗鞘小サ刀拵


刃長        八寸四分(25.3cm)
反り            内反り    
元幅        七分六厘(2.3cm)

(公財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書


 新藤五国光は事実上の相州伝の創始者であり、門下に行光、正宗、則重を育成したことは偉大な業績である。
 また、国光の作風は一見すると粟田口物を思わせるが、地刃に地景、金筋が国光の特徴で、刃文は直刃を得意とし糸、細、中広直刃など多様で、藤四郎吉光と共に短刀の名手として双璧をなす。
 本作は板目に地沸を厚く敷き、地景が細かく頻りに入り、国光の特徴である細直刃を焼き、刃縁に光美しい沸が厚くつき、金筋、砂流し入り、地刃に国光の特色と美点を遺憾なく発揮した名品である。
 附帯する小サ刀拵も、『昭和九年五月の上野家、今井家入札目録』にも掲載されていて、江戸後期は下らぬ洒落た拵である。