脇指 (銘) 武蔵大掾藤原忠廣
(附)呂色塗鞘脇指拵


刃長   一尺七寸五分五厘(53.2cm)
反り          三分七厘(1.15cm)
元幅         九分七厘(2.95cm)
先幅         六分六厘(2.03cm)

(公財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書


 初代忠吉は橋本新左衛門と称し、肥前鍋島藩の抱え工で、慶長元年藩命により一門の宗長と共に京の埋忠明寿の門下に入り、忠吉は鍛刀、宗長は彫技を学んだ。同三年に帰国して佐賀城下に住し、藩の庇護のもとに一門は大いに栄えた。元和十年、再度上洛して武蔵大掾を受領し、名を忠廣と改め、源姓から藤原姓に替え、寛永九年八月十五日に歿している。
 本作は小板目よくつみ、杢交じり、地沸微塵に厚くつき、地景細かくよく入る。刃文は中直刃に浅くのたれ、小足、葉入り、沸よくつき、ほつれ、二重刃、湯走りなど交じり、砂流しかかり、金筋入り、匂口が明るく冴えた出来栄えをしており、忠吉の作域の広さが窺える同作中の優品である。
 尚、付属の脇指拵は新作であるが上手にまとめられており、バランスのとれた拵である。