刀 無銘 行光


刃長    二尺三寸一分(70.0cm)
反り         二分九厘(0.9cm)
元幅          一寸(3.05cm)
先幅       八分四厘(2.55cm)

(公財)日本美術刀剣保存協会 第二十回重要刀剣指定


 行光は正宗、則重等と共に師新藤五国光の創始した相州伝をさらに発展させ完成へと導いた。行光は正宗よりやや先輩とみられ、現存する有銘作は短刀に限られている。作風は古来の刀剣書によると多彩で、直刃以外に乱れ刃や皆焼があることなどが記されているが、無銘極めのものは直刃或いは浅い穏やかな乱れ刃が多く、地刃は総じて新藤五風である。
 本作は重要刀剣の押し型はただの直刃となっているが、地沸微塵に厚くつき、地景頻りに入り、直刃に僅かに湾れて、小足入り匂い深く沸厚くつき、金筋頻りに入り、やや荒めの沸交るなど、刃中の働きが豊富で相州上工特有の光美しい沸が厚くつき明るく冴え渡り、地刃共に健全な行光の傑作である。