刀(銘)藤原正弘(大隅掾)


(附)呂色塗鞘打刀拵
鐔(銘)正阿弥重時



刃長 二尺二寸八分(69cm)
反り   四分九厘(1.5cm)
元幅  九分六厘(2.93cm)
先幅  六分七厘(2.05cm)



(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書


 大隅掾正弘は日州飫肥の出身で、国広の甥或いは門人とも言うが、その詳細については定かでない。その作風・銘振りなどから、国広門人の高弟で国広の代作者の一人であったことは想像に難くない。
 本作は、身幅広めに中鋒の延びた造込みで、慶長新刀の特徴的な姿恰好を示している。また、鍛えは板目に大板目を交えザングリと肌立って、堀川物特有の肌合を呈している。刃文は浅い湾れ調に互の目が交じり、二重刃がかり沸よくつき、金筋・砂流し交じるなど相州上工、なかんづく、志津あたりに倣ったと思われる作域をあらわしている同作中の優品であり、古色さが尚一層刀の品位を高めている。
 尚、附属する打刀拵も貝の図柄で揃った金具でまとめられていて、鐔は会津正阿弥の重時在銘であり、保存状態のよい拵である。