石黒政明は初代政常の門人で江戸神田松下町に住し、木鳶斎と号して一門では政美と双璧と称される名人である。石黒派は花鳥を題材とした華麗な高彫色絵を得意とし、政明も花鳥を主題としたものに傑作が多い。
 本作は石黒派が最も得意とした花鳥風月を華麗に彫り上げた、政明の優品である。