刀 (銘) 備前国住長船清光
天文十九年八月日
(附)朱石目地塗鞘打刀拵


刃長 二尺二寸壱分(67cm)
反り   八分五厘(2.6cm)
元幅   壱寸二厘(3.1cm)
先幅   七分壱厘(2.15cm)


(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書


 末備前中、清光を名乗る刀工は数多くいるが、五郎左衛門尉と孫右衛門尉が名工として知られている。
 本作は俗名はないが、銘振より五郎左衛門尉と鑑せられるもので、身幅広めで先反りの目立つ室町時代末期特有の打刀姿を呈している。地鉄は板目に杢目が交じり映りがある。刃文は中直刃に小互の目交じり足、葉がさかんに入り、金筋、砂流し細かにかかり匂口が明るく冴えるなど、直刃を得意とする清光の本領がよく示された名品である。
 尚、附属の朱石目地鞘も洒落た雰囲気でバランスがよくまとめられている。