刀(銘) 兼則


刃長     二尺四寸五分(74.3cm)
反り          七分九厘(2.4cm)
元幅         九分五厘(2.9cm)
先幅        六分壱厘(1.85cm)

(公財)日本美術刀剣保存協会 第四十八回重要刀剣指定品


 古伝書や銘鑑によると、兼則は南北朝時代から室町時代初期の応永にかけて存在したことが記され、現に応永を降らぬと鑑せられる二字銘の太刀が現存する。以後暫く兼則の作刀を見ないが、室町時代後期になると永正、大永頃の作と鑑せられるものが散見されるようになり、天文を頂点として、数代にわたって作刀が行われていたものと思われる。末関の兼則の作風は、単調な互の目乱れや、互の目乱れの華やかなもの、或いは直刀など作域が広い。特に互の目乱れの華やかなものに出来の優れたものが見受けられる。
 本作は、体配及び地刃に加えて、銘振りより天文頃の兼則と鑑せられるもので、鍛えは板目に流れ肌が交じり、総体に白けごころを帯び、刃文は焼を高く取って互の目に尖り刃、互の目丁字、矢筈風の刃が交じり、小足、葉が入り、包口がしまりごころに小沸がつき、砂流しがかり、細かな飛焼きを交え、処々棟を焼くなど、一際華やかな作風を示し、同工のみならず末関一門の中でも傑出した出来映えを示している。