金山鐔は尾張鐔と並んで室町時代を代表する鉄の透鐔である。その彫法や文様は両者相通じるところがあるが、金山の方がかな色にやや黒味があり、鉄骨も粒状や塊状がその特徴であり、魅力の一つである。
 本作は桟木を大胆に透し、室町時代後期を下らぬ時代を感じさせる。耳には盛んに粒状の鉄骨が表れるなど、金山鐔の特色がよく表れた優品である。