義胤は出羽国本荘の出身で、その生地を苗字にしている。
 直胤の門人として鍛刀も行い、師匠直胤、正秀や他工の刀にも刀身彫を施している。刀装具にも優れた手腕を奮って見事な作品を残しており、その個性あふれる彫技には定評がある。
 本作は鍛えの良い鉄地に、表は磨地に仕立て馬師皇を、裏には鎚目地に雲龍をそれぞれ薄肉彫で見事に表現している。雲は変化して勢いがあり、龍は躍動し、馬師皇の表情は慈悲深く優しさが溢れている。
 この作品は義胤の傑作であるばかりか、大小同図にて揃っている作品は極めて少なく、とても貴重である。