初代浜野矩隨は江戸金工奈良派の逸材浜野政隨の弟子で、養子の二代矩隨と共に同派を代表する名人として知られている。
 本作は四分一地に薄肉彫の彫法を用い、多彩な色絵を用いて布袋と唐子の個性を巧みに表し、顔の部分は他より一段と高彫として同派の特色を示している初代矩隨の大成期の優品である。